2003年度夏季現地研究会のお知らせ
四万十川〜流域紀行〜

報告レポートはコチラ

先にご案内しました「中国視察」は、SARS騒動のため急遽取り止め(ホームページで通知)、再検討しましたところ、わが国の河川のありかたをめぐって揺れ動くなか、泰然としている四万十川をまるごと現地視察し、関係者との研究交流を深めようと計画しました。最後の清流といわれている四万十川を上流から下流へ、大きくまた小さく蛇行し変化する風景を楽しんでいただくとともに、人と水とのかかわりを実感していただければ、すばらしい夏の研究会になることでしょう。みなさまの積極的な参加をお待ちしています。


【スケジュール】

 2003年8月4日(月)〜6日(水)


 4日(月)   午後 高知県庁 現地集合

            高知県庁(四万十川流域保全、森林環境税)
            梼原町宿泊(民宿、温泉)

 5日(火)   午前 四万十川源流、四国カルスト(風力発電)
         午後 梼原町役場(国際基準の森林認証
            四万十川下り(沈下橋、カヌー風景)
            中村市宿泊(保養センター、温泉)


 6日(水)   午前 四万十川下流視察

            「トンボ王国」
         午後 JR「中村駅」現地解散

 注)@高知県庁からJR「中村駅」の区間はレンタカーで移動します。
   A宿泊所は予約済です(15名分)
   B参加申込者には、詳細スケジュールをお送りします。


費 用

    2万円程度(2泊朝夕食代等でレンタカー、昼食、飲料等の各費用は含みません)

申込締切
    宿泊準備のため、下記の期日までにお申し込みください。

          
平成15年7月26日(金)

申込問合せ先
     企画担当:若井 郁次郎(大阪産業大学 人間環境学部 都市環境学科)

     電話:072−875−3001(代表)内線7754
     ファクシミリ:072−871−1259
        E-mailwakai@due.osaka-sandai.ac.jp


水資源・環境学会メインページへ戻る