出版物

学会誌(水資源・環境研究)

 

J-STAGE

第2号(1988.9.1発行)

■巻頭言

  • 社会的存在としての水河野通博i

■論説

  • いわゆる水上村用水支配の事例研究
    −特に西近江真野川最上流上在地部落を中心に 喜多村俊夫1
  • ◇著者との対酷「水上村」水利慣行の理解のために
    −西近江、上在地の事例研究について喜多村俊夫・土屋正春15

■論説

  • 北上川中流域・一関付近における地形と洪水 内田和子21
  • 河川水・溜池水利用の経済性と問題点
    −静岡県掛川市の維持管理費の分析を中心として 西頭徳三33
  • 上水需要に占める気象要因の影響雄倉幸昭・大槻均・山本正視47

■地域通信

  • 〈 北海道地方 〉  札幌の除雪インフラ造り小林 三樹62
  • 〈関東地方〉 水循環の再生と水域環境の創造
    −利根川水系の渇水を考える山田啓一63
  • 〈北陸地方〉 地下水は誰のもの野田佳江64
  • 〈東海地方〉 木曽川の渇水が提起したものは何か田島正廣65
  • 〈近畿地方〉 身近な水辺を守る試み−琵琶湖からの報告小幡範雄68
  • 〈中国地方〉 児島湖の現状と水質保全対策河原長美69
  • 〈四国地方〉 水利用の広域化とその課題新見 治70
  • 〈九州地方〉 多目的の『菊池川竜門ダム』着工
    新昧を出した『熊本県地下水保全対策事業』始まる中島重旗71

■水と環境最前線

 
  • 水につきあう一企業の眼から蒲原幸生72

■海外事情

  • ライン河における毒物流出事故菅原正孝73

■文献解題

  • 水と文化岡部 守76

■資料

  • 霞ケ浦導水事業と利根川鈴木久仁直82

ページのトップへ