出版物

学会誌(水資源・環境研究)

 

J-STAGE

第7号(1994.12.25発行)

■巻頭言

  • 「公共的空間意識の形成」牛山 積i

■論説

  • 「環境問題をめぐる法と経済」植田和弘1
  • 「世界貿易体制の再編と環境問題」池上甲一6
  • 「米国における環境価値の貨幣的評価の制度的背景と論点」新澤秀則14
  • 「魚と人を巡る水環境──ハリヨのこれまで、いま、これから」森 誠一22
  • 「地域ダイナミズムと都市環境」石崎祥之30
  • 「実効性ある環境計画管理に向けて−ラプラタ流域を事例に」 A・L・フェルナンデス37
  • 「大阪市の下水道整備の特色−排水対策から水環境を考える」下 政一47

■研究ノート

  • 「飲料水、生活用水の微生物学的現状と課題
    −もうひとつある水の安全性論」 中村寿子53
  • 「環境税と公的汚染処理」矢部光保・明石光一郎・本間孝弥63

■地域通信

  • 〈北海道地方〉 「別寒辺牛湿原の土地買い上げと保全」彦坂 充74
  • 〈東北地方〉 「福島県の水源保護条例制定直接請求運動」吉田 泉76
  • 〈東北地方〉 「わがまち四日市市の環境」一木勝弘79
  • 〈近畿地方〉 「水道水源の水質悪化と水質基準改正」殿界和夫82
  • 〈近畿地方〉 「関西国際空港における環境の保全」横井博志87
  • 〈中国地方〉 「斐伊川下流域の循環灌漑と水質環境」武田育郎89

■海外事情

 
  • 「消えゆくアラル海?──中央アジアにおける灌概 農業の展開と環境への影響」渡辺紹裕91
  • 「第2回世界閉鎖性海域環境保全会議に参加して」 仲上健一99

■文献解題

  • 「日本における中国水利史研究の現状と課題」西岡弘晃102

■言評

  • 沼田真著『自然保護という思想』花嶋温子107
  • 山崎憲治著『都市型水害と過疎地の水害』池田 碩109

■追悼

  • 「喜多村俊夫教授の御逝去を悼む」河野通博111
  • 「喜多村俊夫先生の業績目録」伊藤達也115

ページのトップへ