出版物

学会誌(水資源・環境研究)

 

J-STAGE

第31巻1号(2018.8.4発行)

■特集 水環境と市民科学

特集にあたって
  • 市民科学と水環境保全のフロンティア
    原田 禎夫 1

特集論説

  • インターナショナルペレットウォッチの市民科学としての役割
    高田 秀重, 大垣 多恵 4

  • 「全国水辺のごみ調査」について
    ──川とごみへの関心を高める
    伊藤 浩子 11

  • 小浜湾における新基準「沿岸透明度」の目標値設定プロセスと地域合意に関する考察
    西野 ひかる 16

  • コウノトリの野生復帰と市民調査
    ──順応的プロセスの視点から
    菊地 直樹 23

  • 水環境改善への持続的関わりを作る方法
    瀬川 貴之 30

  • 九州西部沿岸における地域特性に応じた海岸漂着ごみへの対応と多様な主体の参加
    清野 聡子 34

■論説

  • Determining Factors in Water Saving Activities for Wet Rice Irrigation
    ──A Case of Land Improvement Districts in Shiga Prefecture, Japan
    Mami Shiono, Koichi Ikegami, Tadasu Tsuruta 42

■研究ノート

  • 木曽川の河川維持流量の木曽川水利秩序形成経過の検証に基づく検討
    在間 正史 53

  • 地域環境NPOの持続的活動展開と多面的役割
    ──NPO法人「びわこ豊穣の郷」を事例として
    山添 史郎, 野田 浩資 58

  • 冠島(京都府)における海洋ごみの現状について 第2報
    ──漂着ペットボトルの製造国別割合を中心に
    原田 禎夫 66

■特集 水資源・環境研究 30巻を振り返って(30巻2号未掲載論文)

  • 大都市圏における溜池と地域住民との関わりを意識した溜池保全
    矢嶋 巌 72

 

ページのトップへ