学会誌(水資源・環境研究)

 

J-STAGE

第32巻2号(2020.1.24発行)

■特集 水道法改正と水道事業の今後

特集にあたって
  • 水道法改正をめぐる議論は尽くされたのか?
    野村克己 34

 
特集論説
  • 水道事業をめぐる広域化と民営化の新たな動向と特徴
    太田 正 35

  • 改正水道法後の水道事業の民営化の論点
    仲上健一 44

  • 新たな水道広域化・民営化の動向と課題
    堀 真佐司 52

  • 水道事業の広域化の歩みと水道法2018年改正
    梶原健嗣 57

 

■論説

  • 琵琶湖南湖で過剰繁茂する水草を原料としたメタン発酵消化液の水耕栽培における培養液としての利用可能性
    畑 直樹、刘 鑫、田口夏帆、金本良成、吉田 弦、瀬山智博、戸田龍樹、伴 修平 65

■研究ノート

  • 利根川の渇水と農業用水の節水対応
    田島正廣 75

■書評

  • 千葉知世 著『日本の地下水政策──地下水ガバナンスの実現に向けて』
    宮永健太郎 80

 

ページのトップへ